コンテンツへスキップ

診療案内SERVICE

主な診療動物
犬、猫、鳥、うさぎ、ハムスター
診療科目
外科、内科、予防医学、健康診断、飼育相談、異常行動
往診について

病気のワンちゃんネコちゃんを病院に連れて来られない方は、ご相談ください。
往診・あるいはお迎え・お送りをいたします。
往診は状態を診ることが主眼で、その場で十分な検査や処置ができないことがあります。
その際は病院までお連れしてお送りいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

ペットの様子が
おかしいと思ったら

まず病院に電話してください。お話だけで解決することもあります。
電話で問題が解決しないときは、ペットを連れてきて診せてください。

病院での診察手順

再診の方は診察券を出してください。他のペットで受診したことのある方はその診察券で結構です。
初診の方はカルテ作成のため受診票に記入してください。
診察室に入ります。飼主様もいっしょに入っていただき、症状、いつもと違う状況について、できるだけ詳しくご説明ください。
ペットを診察台に乗せます。診察台が体重計になっています。
ひと通り診察したのち、必要があれば検査を行います。
血液検査、レントゲン検査、超音波検査などがあります。
その結果に基づいて、今後の治療方針や病気の予後を説明いたします。

ペットホテル
お預かり

急なお出かけやご旅行のときご利用いただけます。
大切な小さな家族をお世話させていただきます。
超大型犬の設備もあります。
犬・猫は1年以内のワクチン接種を原則とさせていただきます。ご予約をお願いします。
詳細はお問い合わせください。

往傷病野生鳥獣保護
指定診療機関として

まずはお電話ください。
獣医には獣医師法にによって傷ついた野生鳥獣が持ち込まれたときには、これを保護しなくてはならない決まりがあるのですが、
ほとんどの病院には保護収容施設がないのが現状です。
保護施設を自ら設置したエンゼル動物病院は、埼玉県の傷病野生鳥獣保護診療機関として指定されています。

ペット保険
クレジットカード

動物取扱業に
登録しています
動物取扱業登録証はこちら
ソーシャルメディアポリシー
について
ソーシャルメディアポリシーはこちら